2011年6月12日

ウルフはだめ

「子育て応援の店」リストに載っている美容院で髪を切ってもらった。

スタイルを変えるつもりはないんですけれど、前髪を片付けたいのと、バックの毛先を少し軽めにしていただこうと思って・・・と希望を伝え、さやかを抱っこしたままシャンプー台へ。こういうところは、すごく助かる。

そしてカット開始。

「あら? 今何しているんですか? サイドをそんなに短くすると・・・」
「はい、ウルフにしてます」
「え”狼、それはとても苦手です」
「でも夏だから軽いかんじにするのが良いと思うんですよ」
「だめです! ウルフヘア独特の、ワイルドセクシーなかんじは絶対に苦手なんです。どうにかしてください、いっそのこと、そろえちゃってください!」
と懇願した結果、なんかすごく貧乏風味ただようショートヘアになった。

それにしても「スタイルを変えるつもりはない」と言っているミディアム・ウェーブの人間を、突然ウルフヘアにするというのは、いったいどういう見識なんだろうか。

あんなおそろしい店には二度と行くまい。

1 件のコメント:

  1. すごいお客無視の店があるもんですね!

    返信削除